アクセスランキング
日刊スポーツコンピ指数を利用した競馬予想。

2007/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンピ指数90について考えてみました。
 利用している人はご存知だと思いますが、指数90はコンピ指数最大値です。  詳しいくは『日刊スポーツ競馬』 (※登録無料)の『コンピ指数を検索 ベータ版』で確認してみたください。
 実際に指数90について考えてみます。
 コンピ指数欄下段に指数順位の連対率が出ていますが、最新(2008年1月20日)の指数1位 の連対率は51%でした。先ほど書いた『コンピ指数を検索』で指数90の連対率(※2006年 1月1日から2007年1月1日まで東京競馬場開催)を調べると、勝率56.8% 平均払戻し146円、連対率62.2% でした。
 総合の連対率より指数90の勝率の方がいいことが分かります。しかし、払戻し金額の平均が146円ってことを考えると単純に考えても 『マーチンゲールの法則』※1 が現実的じゃ ないのは分かると思います。上の検証期間でも4回連続で1着を外しています。5回目に1着になった配当が 110円だったので指数90だから安全という訳ではないです。
 指数90の考え方というか、予想スタンスをどうするかです。簡単に言えば的中率と回収率のどちらを選ぶのか です。
 連対率(勝率)からみて、普通に買えば2回に1回以上は当たります。当然普通に買ったのではマイナスに なります。先ほど書いたようにマーチンゲールに関しても現実的じゃないかもしれません。まだ確実ではないですが 連対する指数90と連対しない指数90を選別できれば比較的稼げるかもしれません。まぁローリスローリターン っといったところでしょうか?もうひとつは『逆張り』です。出現頻度が少なく90以外の勝率から考えて40%程の 勝率を残りの指数の馬で取り合うのですから当然勝率が下がります。
 どちらがいいのかは正直分かりませんがどちらにせよ、来る指数90と来ない指数90の選別をすればどちらにせよ 勝てる可能性が上がると思います。

※1 マーチンゲールの法則・・・払戻し(オッズ)が2倍以上場合、掛け金を倍にしていけば的中時負けない 法則。理論上は負けないが掛け金が膨大な金額になる可能性がある。主にルーレットの赤か黒に掛ける場合に 用いられる方法。

スポンサーサイト
 説明不要なくらいに浸透してきた『日刊スポーツコンピ指数』を利用した予想です。

 利用している人はご存知だと思いますが最高指数は90、最低指数は40です。指数に関してはどのように算出されているかは『企業秘密』らしいので詳しい事は分かりませんが、同指数は存在せず何らかの差別化がなされています。
 個人的な感想ですが下位指数については便宜的につけている感じがします。


 予想方に関しては機会があれば書きたいと思いますが、関東版のコンピ指数を利用します。<br />  このブログのタイトルを予想でなく『予報』にしたのは現時点で納得のいく予想が出来なく、予想として出せるのは1日、1レース~2レース。単勝のみのときもあれば馬単、3連複の時もあります。予想が出せない日もあるので、『予報』とさせていただきました。
 予想の醍醐味万馬券に関しても荒れるレースは読めるようになりましたが、買目を絞るまでには至っていなく少し物足りないかもしれないですがよろしくお願いします。
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。